知らないでは済まされない!相続と遺言の基本

個人が、特に資産をたくさんお持ちの方がお亡くなりになった際によくありがちな問題なのが、その遺産分割に関する問題です。相続人がたくさんいる場合には、どのように分配するかでトラブルになることが多いのです。そのため、資産をたくさん持っている方の場合はあらかじめ遺言などを作っておき、その事態に備えておくことが重要です。


遺言書は、きちんとした形式で残しておかないとその効力を発揮しません。意思を残しておくだけであればなんでもよいので紙に書いておけばよいのでしょうけれども、遺族にそのメモが本当に本人が書いたものなのか証明することはできません。
ですから、公正証書としてきちんと届出を行い、所定の書式でもって遺言書の作成を行っておかなければ、その書類は意味をなさないものになってしまうのです。
しかし、注意点として法律によって遺留分として必ずもらう権利を主張できる部分があります。ですから、この部分はいくら公正証書を残していても、主張された場合には渡さなければならない分なのです。余計なトラブルを防ぐためにも、あらかじめこの部分はきちんと分けるということも記載したうえで、公正証書を作ってみると良いかもしれません。

Comments are closed.