勝手に開けてはダメ!正しい開封のやり方

遺言書が無くなったという際にはあわてて開封をしてしまいがちですが、時としてそれが認められないことがあります。
ではどのようにすればよいのかと言うと、まず確認するべきとなるのが「遺言書の種類」です。
遺言書には大きく分けて三種類があり、まず一つ目となるのが「自筆証書遺言」です。
これは亡くなった方が自筆で作成したものであり、最も手軽に作ることができます。
しかし内容については誰も証明することができないわけですから、検認の手続きが行う前に開けられると、それを開けた人に対して5万円以下の罰金が科されることがあるのです。
次に二つ目ですが、これは「公正証書遺言」というものです。
公証人に作成してもらうのがこの公正証書遺言であり、その原本は公証役場で厳重に保管されることとなります。


発見した人が勝手に開けたとしても原本を確認すれば内容が正しいかどうかを照らし合わせることが可能となりますから、これは自筆証書遺言とは異なり、誰かが開けても問題はありません。
そして三つ目の「秘密証書遺言」ですが、これは現在だとほとんど使われないものです。
「個人が作成した遺言に封をして、公証役場で遺言の存在を証明してもらう」ということによって作られるのですが、内容を公証役場が確認することはありませんし、また原本も自分で保管することとなります。
そのため公証役場に対して「この内容は正しいものですか」と確認しても意味がありません。
そのためこれも公正証書遺言と同様、検認手続をしてから開けることとなります。
遺言書が見つかったという場合にはあわてず、まずは家庭裁判所に持参して検認の手続きを取ることをお勧めします。

Comments are closed.