発見したらまず検認手続きを!

身内などが亡くなったというような中で遺品の整理をしていると、その中から遺言書が発見されることがあります。
通帳や証書と一緒においてあるということもあるのですが、遺言書の中には「なるべく内密に伝えたい」という遺志があって、アルバムなどの間に挟まれていることもあります。
そうしたものを見つけた際には「とにかく早く中を見たい」とだれでも思うものですが、そこで開けてしまってはいけません。


遺言書は適切な手続きを踏まなくては効力の発揮をさせることはできず、また勝手に開けると5万円以下の過料、つまり罰金が科されることもあります。
ではどうすれば良いのかと言うと、まず間違いなく行わなくてはならないのが「検認」の手続きです。
検認とはそれぞれの地方にある家庭裁判所に遺言書を提出することであり、この検認の中でその遺言の形状や内容、日付、署名や加除訂正の状態などを確認し、遺言書の偽造防止が行われることとなります。
これが行われたあとで初めて「開封」という手続きに移行することができ、そしてその「開封」が完了した段階でようやく遺言は効力を発揮するのです。
公証役場に保管されている公正証書遺言の場合はこの限りではありませんが、自宅で見つかったものはほとんどが自筆証書遺言と呼ばれるものであり、自筆証書遺言の場合は検認の手続きを避けることはできません。
遺言が見つかった場合にはまず落ちついて、家庭裁判所に提出して検認を受けるようにしましょう。

Comments are closed.