保管方法は専門家と相談のうえで決める

自筆証書遺言を保管する際にはいくつかのポイントに注意をしなくてはなりません。
特に注意をしたいのが「紛失」や「改ざん」のリスクに関してです。
自筆証書遺言は最も手軽に作成することができる反面、その内容を証明してくれるというような人はどこにもいません。
そのため自筆証書遺言を管理する際には「最初に発見してくれる人が信用できる人である」ということを前提にしなくてはならないのです。


またもし信用できる人であったとしても、その遺言書が勝手に開封されてしまったのであれば、財産相続をめぐって親族トラブルが発生する原因になってしまうこともあります。
自筆証書遺言の場合には「信用できる人に対してだけ遺言の存在を伝え、死後にはそれを家庭裁判所に持参して検認手続を行う」ということを伝えておく必要があるのです。
このように、自筆証書遺言についてはさまざまなポイントに関して注意をしなくてはなりません。
ドラマなどだと個人で書かれた遺言書がそのまま開封されて効力を発揮するというような描かれ方がされることが多いのですが、現実ではそうならないことがほとんどです。
そのため、自筆証書遺言の形で遺言書を作成する場合にはなるべく専門家に助言をしてもらい、どのような方法で管理するべきかということを確認するようにしましょう。